ファミマ

ファミマの「生チョコのもちもちクレープ」を食べてみたよ!

最寄りのコンビニまでの道のりは、約1.5km!

あぶない婿殿でございます。

 

さあ、第3回目となる ” Famima Sweets “レビュー企画!

今回のお題はこちら。

「生チョコのもちもちクレープ」でございます。

前回のレアチーズシューを買う時、ちょっと気になってたんですよね〜。

価格は税抜き158円。消費税が8%の時のパッケージですねコレは。

 

ということでレッツレビュー。

 

クレープとチョコと生クリーム、全てのバランスが取れたコンビネーション。

では開封。

間違いなくクレープですね。

成分と材料は以下の通り。

それでは、実食。

…。

うん、おいしい!

 

商品名に「もちもち」とついていますが、そこまで弾力全開!ということでもありません。

まあクレープですからね。これくらいの弾力がちょうど良いんじゃないでしょうか。

 

生地も薄すぎず厚すぎず。

中身のチョコを活かしつつ、自分の主張も忘れない厚みです。

 

チョコは量が最適。

おそらくかなり計算されているんじゃないでしょうか。

 

あまりにもチョコが多すぎればクレープのモチモチ感が弱まって甘さだけが口に残る感じに。

反対に少なければ「生地だけ食いたくて買ったんじゃねえんだよ」となります。

 

そう考えると、クレープとチョコの量のバランスは、もう絶妙ですね。

 

チョコの味はというと、甘さ控えめです。ややビター寄りなんでしょうか。

くどくない甘さです。

 

生クリームは、隠し味的ポジション。隠れてないけど。

マイルドさとクリーミーさが出て優しい口当たりです。

 

後味がしつこくないので、食べ終わった後に口の中が気持ち悪い…なんてことにはならなさそうです。

 

サイズはもう少し大きいと満足感が得られると思います。ちょっと物足りないかなー。

ウラを返せば、こんなに大きいの食べちゃったという後悔がないサイズなのかもしれません。

 

総評

生地・チョコ・生クリーム・サイズ、全てに「程よさ」を感じます。

ただ、バランスが取れすぎていて、ちょっとインパクトに欠けます。

正統派なものではないだけに、もう少し何かが突出していれば、より印象の残せる商品になるんじゃないでしょうか。

 

ということでファミマの「生チョコのもちもちクレープ」、結構なお点前でした。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
あぶない婿殿
ドラム歴20年以上で講師の経験もある、婿養子です。