音楽

譜面をカンタンに読めるようにする方法。苦手意識を克服できます。

バンドでプレイすることがメインの皆さんは、譜面を見ながら演奏することはできますか?

苦手意識を持っていませんか?

今回は、譜面を見ながら演奏することに抵抗があったり、なかなか慣れずに苦戦している人に向けて、解決法をお伝えしていきます。

僕はこの方法を知ってから、譜面を見ながらの演奏が割とスムーズになりましたので、良いなと思ったらマネしてみてください。

方法は記号に色をつける

まず、マーカーを用意してください。

百均で複数色のセットが売られていたりします。

ペンでも大丈夫ですが、僕はマーカーの方がやりやすいと思います。

準備はこれだけです。

さて、譜面には様々な記号がありますね。

その記号の中には、進行に関するものがあります。

リピートマーク

ダルセーニョ

コーダ

主にこの三つでしょうか。

そして、それぞれを色分けします。

僕の場合ですが、以下のように分けています。

リピートマーク → オレンジ

ダルセーニョ → 

コーダ → ピンク

この決めた色で記号を塗り潰します。

配色はお任せしますが、明確に差があるほうが良いです。

セーニョやコーダはアンダーラインとかでも良いかもしれませんが、僕はとにかく見やすく、認識しやすくするために塗り潰しています。

色がついていることで、位置を紐づけて認識できる

進行に関する記号に色をつけることで、視覚的に進行が格段に把握しやすくなります。

目印がハッキリしているので、目線を行ったりきたりさせやすくなるのです。

その他、進行以外でも、「キメ」や「ユニゾン」がある場合は、その部分の音符を黄色で塗ります。

気をつけるポイントなどあれば赤で塗ったり記入したりします。

 

この方法は、プロドラマーの三浦晃嗣さんが過去にツイートしていたものだったりします。(三浦さんはもうツイッターを辞められましたが)

図形で記号を囲ってもオッケー

例えば譜面を渡された当日に即演奏のシチュエーション。

持ってきたペンが、黒か赤しかない!

そんな時は記号を図形で囲みます。

リピートマーク → 四角

ダルセーニョ → 丸

コーダ → 三角

これだけでも無記入よりもだいぶ把握しやすくなると思います。

記号に色をつけるのは進行を把握しやすくするための補助

譜面に色をつければ確かに把握はしやすくなりますが、あくまでも演奏しやすくするための手段であり、曲を理解する事とは別物です。

譜面を読み進めやすくなったからと言って油断せず、可能な限り曲を聴いて耳からも構成を覚えるようにしましょう。

そして曲の持つ世界観など、「中身」を自分の中に落とし込む事は必須です。

色分けする前と比べると、進行間違いがほとんどなくなり演奏に集中しやすくなった

譜面を見て演奏をする機会が増えた当時、読み進めながらの演奏できず曲中によく迷子になっていました。

そのため曲を聴いて覚えることに重点を置いたのですが、いかんせん十数曲を覚えるとなるとかなり時間がかかり、リハや本番までに間に合いませんでした。

本番中も、進行を間違えないようにすることに意識が向いてしまい、肝心の演奏に集中できなかったのです。

それが事前に色分けをやるようになってからは、一発で解消されました。

まとめ

記号に色をつける

必要に応じて音符にも色付け

曲を聴いて覚える事もやる

覚えるための時短にもなりますし、譜面に対する苦手意識も克服しやすいと思います。

最初の方でも述べましたが、実際に僕もこの方法を取り入れてから、譜面を見ながらの演奏がスムーズにできるようになりましたし、気持ち的にも楽になれました。

ぜひやってみてください!

ABOUT ME
あぶない婿殿
ドラム歴20年以上で講師の経験もある、婿養子です。