音楽用語辞典

キャビ

キャビネットの略称です。

スピーカーが入っている箱全体のことです。

ギターやベースの音を鳴らす箱です。

スタックタイプのアンプの下の段です。

簡単に言うと。

ギターやベースアンプの、スピーカー部分の箱のことを指して言います。

正式名称は「キャビネット」です。

使い方

「キャビをもうちょっとこっちに向けて。」

「この車にキャビ積んできたの!?」

詳しく言うと。

スピーカーと、そのスピーカーが入っている箱全体のことです。
主に上下2段に分かれているスタックタイプのアンプの、下段を指して言うことがほとんどです。

 

スピーカーは「スピーカーユニット」と言い、入れ物である箱が「スピーカーボックス」と言います。

スピーカーユニット+スピーカーボックスで「キャビネット」と呼びます。

このキャビネットがあるから、楽器の音が鳴ります。

 

たくさんのアンプメーカーがキャビネットを発売していますし、
中に入っているスピーカーユニットの種類や、搭載スピーカーユニット数、スピーカーボックスの材質など、様々な違いによる種類があって、それぞれ音も違います。

 

まとめると。

キャビネットとは、ギターやベースの音を鳴らす、スピーカーが入った箱のことだと思っておけばOKです。

 

あぶない婿殿
あぶない婿殿
読んでくださって、どうもありがとうございました。
ABOUT ME
あぶない婿殿
1982年生まれ。16歳の時にドラムを始めて、今日に至る。長く続けられている理由は、ダラダラやってきたから。地方でドラム講師業を営む。婿養子歴は11年。