音楽用語辞典

キャノン

プラグのことです。

プラグの先端の形状のことです。

ブスっ!と挿して使います。

別名、XLRです。

簡単に言うと。

主にマイク用で使われるケーブルの先端についていたり、PAミキサーやオーディオインターフェイスに取り付けられている、プラグ部分の名前です。

片側に3つの細い端子がついていて、もう片側には3つの穴があります。

使い方

「いや、それ片側がキャノンじゃん…」

「あれ?つなごうと思った機材のインプット、キャノンじゃん…」

詳しく言うと。

まず下のイラストを見てください。

キャノンは、こんなカタチをしたプラグです。

左側の黒い丸は穴です。右側の白い丸は端子です。

白い丸の部分が黒い丸の部分にブスッと挿さることで「カチッ」と音がしてくっつきます。

 

主にマイク用として使われるケーブルの先端には、このキャノン端子が付いています。

ケーブルによっては、片側の端子だけがキャノンなこともあります。

キャノン端子のついたケーブルを、キャノン端子のついたPAミキサーやオーディオインターフェイスにブスッと挿してあげることで、スピーカー音が出たり録音できたりします。

ノイズに強いことが特徴です。

 

じゃあ、マイクだけじゃなくて、なんでもこのケーブルにすればノイズ対策になるじゃーん、と思うかもしれませんが、色んな設計だったり仕組みだったりのせいで、そう簡単にはいかないのです。

 

そうそう、レコーディングでコンデンサーマイクを使う際は、両側ともこのキャノン端子でないとだめです。

なぜなら、キャノンケーブルでなければマイクに電源を送ることができないからです。

 

まとめると。

キャノンとは、音を入れたり出したりするための端子の名前なんだな、と思っておけばOKです。

 

あぶない婿殿
あぶない婿殿
読んでくださって、どうもありがとうございました。
ABOUT ME
あぶない婿殿
1982年生まれ。16歳の時にドラムを始めて、今日に至る。長く続けられている理由は、ダラダラやってきたから。地方でドラム講師業を営む。婿養子歴は11年。