音楽用語辞典

ハシる

演奏を一定のテンポで保つことができず、早くなってしまうことです。

主に、意図せず早くなってしまうことを指します。

簡単に言うと。

演奏しているテンポが早くなってしまうことをハシると言います。

類義語に「ツッコむ」があります。

前ノリ」と似ていますが、まったく別物です。

使い方

「ちょっと!ハシってるよ!もっと落ち着いて!」

「この前、エンディングの部分でハシっちゃってさあ。俺だけ一拍早く終わっちゃったんだよね。」

詳しく言うと。

「ハシる」は、テンポキープができずに演奏が少しずつ早くなっていく状態のことを指します。

よってネガティブな意味で使われることの多い言葉です。

 

ただし、ハシることが必ず悪かというと、そうでもありません。

 

例えばですが、とあるバンドがライブでBPM=160の曲を演奏していました。

メンバーみんなテンションが上がって、全員の演奏が早くなっていったのですが、
むしろそれによって一体感が生まれて曲に疾走感が出て、結果カッコよく聴こえました。

 

こういった事例はたくさんあります。

わりとテンポの早目の曲には有効になることも多くあります。

ただしバラードとかでハシってしまうと、大幅に雰囲気が変わってぶち壊しになってしまいます。

 

音源ではBPM=160だけど、ライブではあえてBPM=170で演奏をする、なんて演出もあります。この場合は狙ってハシらせているので「ポジティブなハシり」と言えます。

 

まとめると。

「ハシる」とは、演奏が意図せず早くなってしまうことを指すものだと捉えてOKです。

 

あぶない婿殿
あぶない婿殿
読んでくださって、どうもありがとうございました。
ABOUT ME
あぶない婿殿
1982年生まれ。16歳の時にドラムを始めて、今日に至る。長く続けられている理由は、ダラダラやってきたから。地方でドラム講師業を営む。婿養子歴は11年。