音楽用語辞典

金物

ドラムにおけるシンバルのことです。

「シンバル」と言わずに「金物」というと、”やってる人感”が出せます。

簡単に言うと。

シンバル全般のことを指して言う言葉です。

わざわざ言い換えるからこそカッコいい気がする、という効果があります。

使い方

「金物の音がすごい綺麗だね」

「金物のメーカーは全部ジルジャンで統一してます」

詳しく言うと。

シンバルといっても種類は様々で、クラッシュ、ライド、チャイナ、スプラッシュ、ハイハットがあります。

これらを総合的に呼ぶ時に「金物」と言います。

使い方としては「金物の音がキレイだね〜!」「金物はどのメーカー使ってるの?」とかです。

 

シンバルスタンドやカウベルなど金属でできたパーカッションに対しては言いません。

あくまでも「金物=シンバル」です。

 

この言葉を使うのは、なにもドラマーでなければいけないなんてことはありません。

ギタリストもベーシストもボーカリストも、はたまたDTMをやっている人も言える、プレイ楽器を選ばない言葉です。

 

まとめると。

金物と言ったら、「あ、シンバルのことね」と認識してOKです。

 

あぶない婿殿
あぶない婿殿
読んでくださって、どうもありがとうございました。
ABOUT ME
あぶない婿殿
1982年生まれ。16歳の時にドラムを始めて、今日に至る。長く続けられている理由は、ダラダラやってきたから。地方でドラム講師業を営む。婿養子歴は11年。