音楽用語辞典

オープンリムショット

ドラムの演奏法です。

フチごと打面を叩きます。

アタックの効いた音になります。

簡単に言うと。

主にスネアドラムを叩く時、打面とフチを一緒に叩く演奏方法です。

かなりアタックの強い音になります。

ロック系では必須の技術です。

使い方

「オープンリムショットで叩こう!」

「オープンリムショットしようとしたら、リムだけ叩いちゃった。」

詳しく言うと。

ドラムのフチを「リム」と言い、そのリムごと打面を叩く演奏方法のことを指す言葉です。

「リムをかけて叩く」なんて言ったりもします。

別の奏法で「クローズドリムショット」があります。

 

金属でできているリムを叩くワケですから、元々のスネアの音に硬い音がプラスされるため、かなりアタック感が強い、インパクトあるサウンドが出せます。

リズムパターンの時に常時使用したり、スネア連打の際のアクセント部分に使用したりします。

たまにスティックが打面に当たらずリムだけを叩いてしまい「カツッ!」という音しか鳴らないことがあります。ドラマーが最も恐れることの一つです。

まとめると。

ドラムの演奏方法の一つで、スネアのフチごと打面を叩くものだと捉えておけばOKです。

 

あぶない婿殿
あぶない婿殿
読んでくださって、どうもありがとうございました。
ABOUT ME
あぶない婿殿
1982年生まれ。16歳の時にドラムを始めて、今日に至る。長く続けられている理由は、ダラダラやってきたから。地方でドラム講師業を営む。婿養子歴は11年。