ドラム

zildjian、SABIAN、Paiste 3大シンバルメーカー それぞれの音の特徴

ハイどうもあぶない婿殿です。

 

以前、自分の経験を元にPearl,TAMA,YAMAHA、国内3大ドラムメーカーの音の特徴を解説しましたが

今回はシンバルメーカーの音の違いを解説していきます。

 

音の特徴を掴んでおくと、機材選びはスムーズになり自分の好みも明確になる

皆さんは、シンバルを揃えるとき、メーカーが統一されるようにしますか?

それとも、音が良ければなんでも良い派ですか?

どちらにせよ、メーカーによる大まかな音の違いが分かっていれば、それをシンバル選びに役立たせる事ができます。

 

ぜひ参考にしていただければ、という事でレッツ解説です。

 

あ、そうそう、この記事も音の特徴が伝わりやすいよう、メーカーの歴史や製法、シリーズによる音の違いなどは省いて、簡潔にしてあります。

どうぞよしなに。

zildjianの特徴は柔らかい響き

zildjian(ジルジャン)の音の特徴は

「柔らかい響き」

です。

 

「シンバルなのに柔らかい響き?」と疑問に感じるかもしれません。

もちろん、籠り気味な音というワケではなく、低音の成分が適度に入っているため柔らかく聴こえるのです。

音が柔らかい事で、他楽器と混ざったときによく馴染んでくれます。

 

フラッグシップモデルはK customと思う方もいるかもしれませんが、実は「A zildjian」です。

レコーディングの現場でも、困ったらジルジャンを使う、なんて事例もあるそうですよ。

 

SABIAN(セイビアン)の特徴はやや硬めな音

元々はジルジャンに所属していた人が独立して立ち上げたメーカーがSABIANです。

そのため、サウンドはジルジャンに近いものがありますが、大きな特徴は、

「やや硬めでストレートな音」

である事です。

硬め=高域の成分が豊かであるということで、確かに音がストレートに伸びていくような印象があります。

バンド全体の中でもシンバルサウンドがハッキリとしてくれます。

Paiste(パイステ)の特徴は煌びやかで華やかな明るい音

ロシア生まれスイス育ちのヨーロピアンシンバル。

Paisteのキャラクターは

煌びやさと華やかさを持ったクリスタルサウンド

が特徴と言えます。

とにかくキラキラと明るい音で、zildjianやSABIANとは全く異なるサウンドです。

 

僕は今のところハイハットだけPaisteを使用し、その他はジルジャンという構成ですが

他メーカーのシンバルと混ぜても馴染んでいて、リズムを叩く時だけサウンドが浮く、なんてことはありません。

むしろ刻みが明瞭で客観的に聞いても気持ちがいい。

 

際立った特徴がある音のシンバルですが、ロックでもポップスでもジャズでもなんでも来いです。

 

シンバルを選ぶときの考え方

シンバルを選ぶ時の考え方として、基本的には「良いな・好きだな」と感じた物を選ぶことです。

プロの方でなければ「このジャンルだからこのメーカー」なんて選び方をする必要はありません。

それはシンバルに限らずどの機材にも言えることです。

zildjian、SABIAN、Paiste 3大シンバルメーカー それぞれの音の特徴 まとめ

  • zildjian・・・「柔らかい響き」
  • SABIAN・・・「やや硬めでストレートな音」
  • Paiste・・・びやさと華やかさを持ったクリスタルサウンド」

あとは、ぜひご自身の耳で比べて、自分の好みを見つけていきましょう!

 

 

あぶない婿殿
あぶない婿殿

その他、ドラムに関する記事は

ドラムカテゴリにあるので、そちらもどうぞ。

 

 

ABOUT ME
あぶない婿殿
ドラム歴20年以上!婿養子歴は約10年!のドラム講師です。